資産整理のために不動産リースバックを利用

資産整理のために不動産リースバックを利用するケースというものがあります。不動産リースバックを利用して、住宅ローン以外にも債務を含めて返済することができる方法です。今回は不動産リースバックで資産整理をする方法について紹介をします。

不動産リースバックを利用

不動産リースバックは、自宅を不動産業者や投資家などに売却をします。売却と同時に不動産業者や投資家とリース契約を結び、リース料金を支払いながら自宅に住み続けるという任意売却のひとつの手法です。

不動産リースバックを利用して住宅ローンを全額返済できる場合にのみ利用することができ、不動産リースバックを利用しても住宅ローンを全額返済することができない場合、住宅ローンを融資している債権者の意向が強く働きますので不動産リースバックを利用することができないケースがあります。また、不動産業者や投資家じたいもそのようなケースでは、不動産リースバック契約を結びたがらないこともありますので注意をしましょう。

必ずしも利用できる資金調達方法ではありません。

資産整理のために不動産リースバックを利用

資産整理のために不動産リースバックを利用するという利用法があります。住宅ローン以外の債務ができて、それを早急に整理したい場合、生活を切り詰めるか新しい収入源を作るという方法が考えられますが、資金調達のために不動産リースバックを利用することができます。

つまり、不動産リースバックを利用して住宅ローンやその他のローンを一括で返済をしてしまうという方法です。不動産は非常に高額な価格で売却することができるので、少しの債務程度ならば住宅ローンを返済して、その他に債務を返済することも可能です。

しかも、生活を切り詰める必要もなければ、新しい収入源を作る必要もないのですから非常に簡単で便利であるといえます。また、買戻し契約を結ぶことができますので、将来お金がたまったら再び自宅の所有権を不動産業者や投資家から買い戻すということも可能です。一時的にどうしても資金が必要になったときに、不動産リースバックを利用すれば、他の資金調達方法よりも比較的安全に資金を調達することができるでしょう。

まとめ

不動産リースバックを利用して資産整理をするという方法があります。つまり、住宅ローンとその他の債務を、不動産リースバックを利用して返済してしまうというものです。いったん債務がなくなりますので精神的に非常にメリットがあると思われます。早急に高額な資金が欲しい場合、利用することができるのは銀行ですが、銀行から住宅ローンの融資を受けているのでこれ以上融資を受けることは現実的には難しくなります。消費者金融業者からの融資を受ける場合、多重債務に陥る危険性もあります。そのてん、不動産リースバックはもともとある不動産を売却して、資金を得るのですから、その他の方法よりも安全に資金調達をすることができ、資産整理にむいています。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です