負担軽減のために不動産リースバックを利用する

不動産リースバックの利用方法として、負担軽減のために利用するというものがあります。負担軽減のために不動産リースバックをどのように利用するのか、今回は説明をします。

不動産リースバック

不動産リースバックとは、自宅の所有権を売却して資金を得ます。所有権の売却とともに住宅の賃貸契約を結びます。そのため、賃貸料金を支払ながら自宅に住み続けることができるというのが、不動産リースバックです。不動産リースバックを利用することができるのは、アンダーローン状態のときです。不動産リースバックを利用して住宅ローンを完済することができれば、債権者は特別文句をつけてくることはありません。

しかし、オーバーローン状態のときには、不動産リースバックを利用することはできません。オーバーローンとは、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済しても、まだ債務が残っているときはオーバーローンとなります。この場合、自宅の所有権を第三者に売却するためには、住宅ローンを融資している債権者の同意が必要です。同意を得て抵当権を抹消してもらわなければ、不動産リースバックを利用することはできません。

負担軽減のために不動産リースバックを利用する

住宅ローンの返済があり、その他の債務、たとえば、親の体調が悪くその治療費が必要であるという場合に不動産リースバックの利用があげられます。まず、住宅ローンの返済をすることができ、完済することができる上に、場合によっては幾分かの資金が手元に残ります。また子供がいる場合、引越しをする必要がなく、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済したという事実は周囲に漏れることもありません。

つまり、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済して、余った金銭を生活費などへあてることができるので、生活の負担が軽減するというわけです。

まとめ

不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済する方法があります。不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済するためには、アンダーローン、つまり、不動産リースバックを利用して住宅ローンを完済することができれば、不動産リースバックを利用することができます。しかし、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済しきることができないオーバーローン状態のときは、不動産リースバックを利用することはできません。そして、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済して余った資金を子供の養育費に回したり、生活費に回すことで負担軽減をすることができます。しかも、不動産リースバックを利用して住宅ローンを返済したことは周囲の人にばれませんので、周囲の人にばれることなく資金を作ることができます。収入がない間の生活費を補うに十分にお金も手元にプールすることができるので、不動産リースバックを利用することができるのであれば、利用してみてはいかがでしょうか。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です