老後の生活のために不動産リースバックという選択

不動産リースバックの利用方法の1つとして、老後の生活のためというものがあります。シニア層に不動産リースバックは非常に人気があります。不動産リースバックを利用して老後の生活を豊かにするとはどういうことか、今回は紹介をしていきます。

老後の生活に不動産リースバックを利用するケースについて

特殊な仕事をしていない限り、定年退職を迎え、そこから年金での生活になります。この年金での生活に不安を感じた場合、新しく就職をすることもできませんから、収入を大きく増やすことは難しいでしょう。そのような場合、換金処分ができる住宅を売却してしまえば、簡単に高額な資金を手に入れることができます。しかし、ここで問題になるのが住宅に思い入れがある場合です。老後まで住んでいるということは、苦労をして住宅ローンを返済し、子供を育てるなど思い入れがある住宅です。その住宅を手放してしまうのは心残りであり、なかなか決断することができません。また、老後ともなると新しく引越して暮らすにしても、新天地での生活に不安を覚えるなという方が無理な話ではないでしょうか。そのような方が、不動産リースバックを利用して老後の生活資金を集めています。

不動産リースバックを利用して解決する問題なのか?

不動産リースバックとは、住宅を不動産会社や投資家へ売却すると同時に、リース契約(賃貸契約)を結びます。その結果、住宅の所有権は売却して失いますが、住宅には住み続けることが可能です。住宅の所有権だけを売却してリース契約(賃貸契約)を結ぶだけなので、思い入れのある住宅から引越す必要もなく、今までどおりに住み続けることが可能です。しかも、高額な売却代金を手に入れることができますので、住宅の売却資金を生活費に与えることができますので、不安定な生活を安定させることもできるでしょう。リース料金については、売却代金の10%を年間で支払うだけです。しかし、売却代金を全額一括で受け取らずに不動産業者へ預けていれば、支払ってもらった分からリース料金を割り出して年間のリース料金となり10%以下のリース料金となります。そのため、リース料金を安く済ませることが可能です。

老後の生活のために不動産リースバックを利用するメリットは?

老後の生活のために不動産リースバックを利用するメリットについては、まず、思い入れのある住宅を手放す必要がないという点です。思い入れのある住宅の所有権のみを売却するので、住宅にはそのまま住み続けることが可能です。また、引越しをする必要もないので、新天地をどうするか悩む心配というのもないでしょう。さらに、すでに住宅ローンを完済しているケースが多いので、不動産リースバックが利用できないということはなく、確実に不動産リースバックを利用でき、売却代金を手に入れることができます。そして、売却代金全額を一括で受け取らなければ、その分リース料金を抑えることができ、続きの出費をさらに抑えることができるでしょう。

まとめ

老後の生活のために不動産リースバックを検討するシニア世代というのは増えています。老後ともなりますと収入が年金のみになってしまいので、やはり生活費面での心配があります。その問題を解決するために、不動産リースバックが利用されています。不動産リースバックを利用すれば思い入れのある住宅の所有権のみを売却して、自分たちは、リース料金を支払っていればそのまま住み続けることができ、高額な資金を手に入れることが可能となります。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です