債務整理のための不動産リースバック

債務整理のために不動産リースバックを利用するというケースがあります。不動産リースバックを利用すれば、資金を作ることができますので、それを利用して債務整理をするということも不動産リースバックでは可能なのです。

不動産リースバック

不動産リースバックは、自宅の所有権を売却すると同時に自宅の賃貸契約を結ぶことで、資金を得て自宅に住み続けることができるとうい方法です。

つまり、自宅の所有権を売却して資金を得て、そのままリース料金を支払ながらそのまま自宅に住み続けることができるとういわけです。

しかし、不動産リースバックを利用することができるのは、一般的に不動産リースバックを利用して、住宅ローンを完済することができる場合です。つまり、アンダーローン状態のときに不動産リースバックを利用することができるのです。不動産リースバックを利用して住宅ローンを完済することができれば、債権者は文句をつけません。不動産リースバックを利用することが難しい場合は、オーバーローン状態のときです。オーバーローン状態のときは不動産リースバックを利用しても住宅ローンを完済することができないときです。

そのような場合、債権者は不動産リースバックよりも高く売れる方法を選択するように文句をつけてきますが、話しがまとまらず競売になった場合、債権者は損をしまします。そのような場合、不動産リースバックを利用した方が高く売却することができるのであれば、不動産リースバックが利用を認めてもらえる可能性があります。

債務整理のための不動産リースバック

不動産リースバックは、債務整理の一つの方法である任意整理から生まれたものでありますので不動産リースバックも債務整理の一つの方法であるといえます。不動産リースバックで得た金銭については、何に使用しても問題はありませんから、債務整理の原資に不動産リースバックで得た資金を使用しても問題はないのです。そのため、不動産リースバックを利用して債務整理をすることが可能なのです。オーバーローン状態であったとしても、場合によっては不動産リースバックを利用して債務整理をすることが可能です。

まとめ

不動産リースバックは、債務整理の1つの方法になります。不動産リースバックを利用して得た資金についてはどのようなことに使用しても問題はありませんので、不動産リースバックを利用して得た資金を債務整理のために利用しても問題ありません。そもそも、債務整理の1つの方法である任意売却の1つの形態が不動産リースバックになります。一般的にアンダーローン状態でなければ利用することができないのですが、場合によってオーバーローン状態であったとしても利用することが可能です。債務整理の1つの方法として、借金で首がまわらないのであれば不動産リースバックを利用して得た資金を利用して債務整理をしてみてはいかがでしょうか。

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です