リースバック(不動産リースバック)とは?

持ち主が住みながら家を売却することができるサービスがあります。それが、「リースバック」です。リースバックとはいったいどのようなものなのでしょうか。

リースバック(不動産リースバック)とは?

リースバック(不動産リースバック)とは、所有している家を投資家や業者へ売却します。売却後は所有している住宅のリース契約を投資家や業者と結び、元所有者は売却した家に、そのまま住み続けることができるシステムです。

将来的に、売却した家を買い戻して再度所有者になることも可能ですし、リース契約のままで過ごすということもできます。

リースバックの活用事例

老後の生活のために

子供達が独り立ちをしているのであれば、老後の生活のためにリースバックを利用する方が多くいます。現在所有している住宅を売ることで、まとまった資金が入ってきます。その資金を生活費に充てれば生活が安定するでしょう。また、旅行などの準備資金にもなります。

老後の生活費に不安があって自宅を売りたいけれど、新しく住む場所を探すのも億劫です。さらに、子供達との思い出のある家なので中々手放しにくい。そのような方々が利用しています。

年金のみの生活が不安という場合、リースバックは実に役に立つシステムです。

資金調達のために利用する

新築で家を購入したものの、子供の成長とともに学費などがかさんできてしまい住宅ローンの返済が難しいというケースでもリースバックを利用することができます。この場合、所有権を移転するのみの形を利用することで、周囲の人々にリースバックを利用していることがばれません。

リースバックをすることにより、現在の家に住み続けることが可能であり、近所に自宅を売却した事実が一切もれずローンを完済することができます。ローン完済後、まとまった資金がたまれば再度所有権を自身のものにすることができます。

資産整理のために利用

リースバックをすることにより、まとまった資金が入りますので、それを利用して、住宅ローン以外の債務もまとめて返済するためにも利用することができます。債務などがなくなれば身軽になりますので、精神衛生上もいいでしょう。将来的には再売買も可能ですから、最終的には自身の所有物にすることが可能です。

相続のために利用

年を取って自身が何かあった場合、リースバックを利用していれば、住宅を売却した資金がありますので、子供達に金銭的な迷惑をかける可能性は低くなるでしょう。また、死亡した後の相続についてですが、リースバックで得た資金から平等に分配されますので兄弟間で不動産を巡って遺産争いに発展するケースというのは低くなると考えられます。

また、子供たちの誰かが希望をすれば、将来的に再売買をすることもできますので、残される子供たちに広い選択肢を与えることになるでしょう。

まとめ

リースバックは、現在住んでいる家を業者や投資家に売却し、同時にリース契約を結びますので、現在住んでいる家に家賃を払いながらですが住み続けることができます。

  • 老後の生活費のために
  • 資金調達のために
  • 資産整理のために
  • 相続のために

これらの用途で利用することができます。また、売却した家を再度買い戻すことも可能です。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA