リースバックとは?リースバックの意味・仕組み・種類をわかりやすく解説

man
「リースバックとは、一体どんなサービスのことを言いますか?」
「リースバックには、どんな種類がありますか?」
「リースバックのメリットデメリットを教えてください。」

リースバックとは?いったいどんなサービスのことを指すでしょうか?今回は、リースバックの仕組み・種類をわかりやすく解説します。

リースバックとは?

リースバックとは?

リースバックとは

正式名称は「セール・アンド・リースバック(sale-and-leaseback)」のことで

  • sale = 売却
  • leaseback = リース契約で借り直す

ことを意味しています。

現在所有している車、不動産、機械設備などの固定資産をリース業者(リースバック業者)に売却して、その物件をリース契約で借り直すサービスのことを「リースバック(leaseback)」と呼ぶのです。

リースバックの対象になる固定資産

  • 不動産
  • 一戸建て
  • 一棟マンション
  • 区分マンション
  • 一棟ビル
  • 区分事務所
  • 区分店舗
  • 工場
  • 倉庫
  • 土地
  • ホテル
  • 駐車場
  • 軽自動車
  • 小型自動車
  • 普通自動車
  • 大型特殊自動車
  • 小型特殊自動車
  • バイク
  • 航空機
  • 列車
  • ビジネスで利用する設備機器
  • 情報機器
  • 事務用機器
  • 産業機械
  • 工作機械
  • 土木建設機械
  • 医療機器
  • 輸送用機器
  • 商業用機器
  • サービス機器

リースバックの現状

元々は、法人が自社ビルや機械設備をリースバック業者(リース業者)にリースバックすることが一般的な「リースバック」だったのですが、近年

が台頭し、

個人の方が「マイホームやマイカーを使い続けたいけれども、一時的にお金が必要」という時の選択肢として「リースバック」が選ばれているのです。

リースバック業者も、以前は企業向けのリース業者がサービスの一環として「リースバック」を提供していたのですが、今では「不動産リースバックの専門業者」「マイカーリースバックの専門業者」と、個人の業種に特化したリースバック業者が増えてきています。

ニーズとしては

  • 老後資金を確保したいけれども、愛着がある自宅に住み続けたい
  • 病気になり一時的に資金が必要になった、ただし、将来的に自宅を買い戻したい
  • 経営する会社の資金繰りがピンチなので、自宅を売却して資金調達したいが、家族には内緒なので住み続ける必要がある

→ 「不動産リースバック」を選択

  • 当面の生活資金のために、マイカーを売却して資金を得たい、ただし車は必要
  • 結婚資金が不足しているため、マイかーを売却して資金を集めたい、ただし愛着のあるマイカーは買い戻したい

→ 「マイカーリースバック」を選択

リースバックの仕組み

リースバックの仕組み

リースバックを利用するときには

  • 売却
  • リース(借りる)

2段階の契約が発生することになります。

売却

自分が保有している資産をリースバック業者に売却します。

売却した方は、売却先のリースバック業者から買取額を受け取ります。

リース(借りる)

売却した資産は、所有権はリースバック業者に移行します。

リースバック業者は、その資産を売却した方にリース契約で貸し付けます。

リースとは
ものを貸すこと

を言います。

レンタルとリースの違いは、主に貸す期間の違いです。

  • レンタル:短期(時間、日、週単位での貸出)
  • リース:長期(半年~10年での貸出)

リースバックでは、比較的長期の貸し出しを前提として、リースバック業者は、資産を売却した方にそのまま商品を貸し出すのです。

契約後

  • 自分が保有している資産をリースバック業者に売却
  • 自分が保有していた資産をリースバック業者からリースで借りる

のですから、事実上、自分が保有していた資産は、手元にあるまま、そのまま使えます。

あくまでも、契約・金銭のやり取り・所有権の移転のみが行われるだけで、その資産自体の移動はないのです。

契約手続きと金銭の支払いが終われば、対象の資産をそのまま使って構わないのです。

ただし、リースバック後は、リース料の支払いが発生するため、リース料を支払わなければならなりません。

リース料の支払いが遅延してしまうと、リースされた資産は自分のものではないのですから、返却しなければならない状態になります。

これが「リースバック」の仕組みです。

リースバックのメリット

リースバックのメリット

メリット1.売却時にまとまった資金が手に入る

リースバックは「売却して借りる」サービスですので、売却時にまとまった資金が手に入ります。

そのため、

  • 資金繰りが苦しい会社の資金調達
  • お金が必要な個人の方の資金調達

に利用されることが多いのです。

メリット2.手元に資産を残したまま、資金が得られる

リースバックの場合は「手元に資産を残したまま、資金が得られる」という特徴があります。

  • ご自宅のリースバック → 自宅に住み続けながら、売却して資金を得る
  • 自社ビルのリースバック → 自社ビルで営業したままで、売却して資金を得る
  • マイカーのリースバック → マイカーを保有したままで、売却して資金を得る

ことができるのです。

単純に、自分が持っている資産との違いは「利用しながら、売却できて、資金調達ができること」と言えます。

メリット3.保有コストが不要になる

リースバックをすると所有権が自分から、リースバック業者に移行する形になります。

所有者として必要なコストがリースバックをすることで不要になるのです。

例えば

不動産リースバックの場合

  • 固定資産税
  • 火災保険料
  • 地震保険料
  • 修繕費用

マイカーリースバックの場合

  • メンテナンス費
  • 車検整備
  • 自動車税
  • 自動車保険料

などの所有者が支払っている費用は、リースバック業者が所有者として支払うことになります。(一部、そのまま負担をしなければならない費用もあります。)

保有コストの負担が減るメリットがあります。

メリット4.買戻しができる

リースバックの商品にもよりますが「買戻し(再購入)」できるものが多いです。

一旦は、お金が必要で売却したものの、必要なお金が手に入ったら、そのお金で売却した資産を買い戻して、所有権を取り戻すことができるのです。

愛着がある資産(自宅、マイカー)などは、他のもので補えない価値があるものが少なくありません。

買戻しをすることで、一旦手放した資産(自宅、マイカー)を再び自分のものにすることができるのです。

買戻しのチャンスがあることも、リースバックのメリットと言えます。

メリット5.資産のオフバランス化(スリム化)ができる

とくに法人の場合ですが

資産を保有していると賃借対照表(BS・バランスシート)が大きくなります。

リースバックを利用して、資産を売却すると賃借対照表(BS・バランスシート)から、リースバックした資産額がなくなり、サイズが小さくなります。

これを「資産のオフバランス化」と呼びます。

個人の場合は「資産のオフバランス化」をすることに大きな意味はありません。

しかし、法人の場合は「資産のオフバランス化」をすると

銀行が融資時に評価する決算数値が改善する

というメリットがあります。

銀行は融資の際に決算数値を見ながら、評価をしますが資産のオフバランス化をすることで

  • 自己資本比率が上昇
  • 自己資本利益率(ROE:Return on Equity)が上昇
  • 総資産利益率(ROA:Return on Assets)が上昇

するため、融資が受けやすくなるのです。

リース料は、損益計算書(PL)に反映され、利益は少なくなってしまいますが、十分にそれ以上のメリットが出てくるのです。

法人の場合は、リースバックをすることで「資産のオフバランス化」が可能になり、銀行の融資が受けやすくなるメリットがあります。

メリット6.資金使途自由

リースバックと言っても、一旦はリースバック業者に売却しているので、売却したお金は何に使っても構いません。

資金使途が限定されていないメリットがあります。

メリット7.最短即日の資金化も可能

リースバックは、査定が完了すればすぐに契約手続きに移ることができるサービスです。

不動産の場合には、現地調査などが必要な分、2日~3日はかかってしまいますが、車の場合には、即日買取ということも可能になります。

資金調達までの日数が短いメリットがあります。

ローンとは違って、利用する方の返済能力に関する審査がなく、かつ最短即日というスピードで資金調達ができるので、ローンなどが借りられない方にとってもメリットが大きいのです。

リースバックのデメリット

リースバックのデメリット

デメリット1.通常の売却よりは、売却額が安くなる

不動産、車、設備などの資産は、リースバックを利用せずに売却することも可能です。

「通常売却での売却価格」と「リースバックでの売却価格」を比較すると

「通常売却での売却価格」 > 「リースバックでの売却価格」

となってしまいます。

商品によって異なりますが、

リースバックでの売却価格 = 通常売却での売却価格の5割~7割

というのが相場です。

なぜかというと、購入するリースバック業者としては、購入して所有権を得たのにも関わらず、そのまま貸し出すしか選択肢がないため、制約のない通常購入よりも、自由度がないのです。

自由度がない分、安く買えないとメリットがないことになってしまいます。

  • 自宅 → 不動産ポータルサイト
  • 車 → 買取サイト

などに売却した方が高く売却できるのです。

ただし、通常売却の場合は、完全にその資産を手放さなければならないデメリットがあります。

デメリット2.リース料が発生する

リースバックでは「売却」して、お金を受け取っているのですから、所有権は「売却した方」から「リースバック業者」に移ります。

所有権を持っているリースバック業者から、リース契約で資産を借りることになるので

リース料(レンタル料)を支払わなければならないのです。

当然ですが、リース料(レンタル料)の支払いが遅延すれば、資産は所有権のあるリースバック業者に取り上げられてしまいます。

リースバックのよくある質問

リースバックのよくある質問

Q.リースバックは、どんな資産でも利用できますか?

できません。

リースバックというのは、あくまでも「売却できること」が条件になってきます。

リースバック業者は、売却できることを前提にリースバックをして、仮に返済がされない場合は、売却して資金を回収する必要があるからです。

売却できない資産は、リースバックできない

ということになります。

売却できない資産とは?

不動産リースバックの場合

  • 「住宅ローン > 売却額」という状態の物件
  • 売値がつかない違法建築
  • 田舎すぎる物件
  • 地方の物件

マイカーリースバックの場合

  • 「自動車ローン > 売却額」という状態の物件
  • 初度登録年月(初度検査年月)より9年を経過する車両
  • 走行距離が12万kmを超える車両
  • 車検基準を満たしていない車両(車検が切れていてもお申し込み可)
  • マイカーローンを滞納している場合(ローン残債があってもお申し込み可)
  • 軽乗用、軽貨物、小型乗用、普通乗用、小型貨物、普通貨物以外の区分に該当する車両

などが挙げられます。

とくにローンが残っていて、かつローン残高が見込める売却額よりも多い場合は、債権者である金融機関が売却を了承しないため、リースバックも利用できないので注意が必要です。

また、売却額があまりに少額になるものも対象外になるケースがあります。

すべての固定資産でリースバックができるわけではないので注意が必要です。

Q.リースバックは、誰も利用できますか?

売却できる固定資産であり、一定額以上の売却額見込める状態

であれば、リースバックは申し込める可能性が高いです。

18歳以上であれば、年齢制限はないものが多く、収入がなくても、利用できるリースバックは少なくありません。

  • 一定金額以上で売却できる
  • リースバック業者の対象の種類の固定資産である

という条件がクリアしていれば、利用する方自身の収入、返済能力や年齢などはあまり重要ではないのです。

Q.リース契約途中での中途解約は可能ですか?

リースバックによって異なります。

  • 一般的なリースバックの場合 → 原則不可(中途解約金(規定損害金)を支払うことで解約可能)
  • マイカーリースバックの場合 → 原則不可(中途解約金(規定損害金)を支払うことで解約可能)
  • 不動産リースバックの場合 → 契約途中での退去が認められているケースがある

中途解約をする可能性がある場合は、リースバックの契約時に「中途解約の可否」「中途解約する場合の費用負担」について、確認しておくことが必要になります。

Q.リース契約終了後はどうなりますか?

リースバックのリース契約は、期間を決めて契約することが一般的です。

リース契約の契約期間が終了した場合には

  • 返却する(不動産リースバックの場合は、退去する)
  • 再契約する(再度、リース契約を締結する)
  • 買い戻す

の3つの選択肢があります。

ただし、「買戻し」については、リースバックの種類やリースバック業者によって、できるものとできないものがあります。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA