個人事業主でも不動産リースバックを利用可能か?

不動産リースバックを利用して事業資金を手に入れる方法があります。これは、個人事業主であったとしても、事業資金を手に入れることが可能です。資金繰りに困った場合などに利用してみてはいかがでしょうか。

不動産リースバックで事業資金を

不動産リースバックは、現在住んでいる自宅の所有権を第三者や投資家などへ売却すると同時に自宅のリース契約を結びます。その結果として、現在住んでいる自宅にリース料金を支払いながらではあるものの、住み続けることが可能です。

つまり、自宅を売却し、その自宅にリース料金を支払いながら住み続けるというものです。任意売却の1種類に分類されますが、任意売却のように自宅を手放して、引越しをする必要がありません。そのため、周囲の人には不動産リースバックをしたという事実はばれず、しかも売却資金を手に入れることができます。

自宅を売って手に入れたお金になりますので、銀行から融資を受けた時のように使用用途が限定されるということはありません。どのように利用するかは個人の自由になります。また、不動産リースバックを利用して売却した自宅についてですが、資金に余裕ができれば買い戻しすることができます。リース料金については、売却額の10%/年を支払う形になります。年10%を支払いますので、10年を目安に買戻しをするかどうか決めるべきであるといえます。

個人事業主で不動産リースバックは利用可能か?

個人事業主であっても、不動産リースバックを利用することができます。不動産リースバックを行っている不動産業者は、個人事業主の場合、個人事業主専用のパックである「アセット・リースバック」という商品を用意しています。

このアセット・リースバックを利用して不動産リースバックして得た資金の使用用途については、普通の不動産リースバックを利用して得た資金と同じように使用用途は自由です。そのため、事業資金として利用することが可能です。もちろん、アセット・リースバックで売却をしてとしても、所有権のみを売却しており、リース契約を結んでいるので、いままで通りに使用し続けることができます。アセット・リースバックの費用に関しては売却価格の7%~10%/年となります。また、アセット・リースバックを利用することで節税対策にもなります。

まとめ

個人事業主でも不動産リースバックを利用することができます。多くの不動産リースバック業者の場合、アセット・リースバックというサービスを用意しています。不動産リースバックと同様に、たとえば不動産の所有権を売却すると同時に、リース契約を結び、今まで通りに使用し続けることが可能です。リース料金については、売却価格の7%~10%/年程度が目安となります。物件や場所、状態、利用者の資金状況により異なってきます。もちろん、将来的に売却した不動産を買い戻す買戻し契約を結ぶことも可能です。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です