転リース契約とはいったいなにか?

リースバックには転リースというものがあります。不動産リースバックにおいてはそこまで関係ないのかもしれませんが、今回は転リースについて紹介をしていきます。

リースバック

リースバックとは、現在住んでいる住宅を専門の不動産業者へ売却をすると同時にリース契約、つまり賃貸契約を結びます。そして、そのまま、現在住んでいる住宅に住み続けるという契約がリースバック契約となります。リース料金の相場としては不動産売却価格の10%/年、程度が相場とされています。また、リースバック契約によっては保証料金を不動産業者に預けることで、リース料金を安く済ませるという方法があります。

リースバック自体は任意売却の1つの方法としてありますが、オーバーローンという売却価格よりも住宅ローンの残債務が多い場合は利用するのが難しい方法です。

また、買戻し契約(条項)というものがあり、数年後にお金を貯めて所有権を買い戻すことも可能です。

転リースとは?

リースバック契約の中には、転リースというものがあります。この転リースと一体なにかといえば、初めから第三者に貸し出すことを目的として不動産業者やリース会社と契約を結ぶことです。通常は、リース契約では転貸しを禁じているのですが、リース会社の承諾を得ることで転リースをすることが可能です。

一般的には企業などで利用される手法になります。たとえば、親会社が一括でリース契約を結び、子会社・関連会社に機械設備導入の援助をする場合、メーカーが系列販売店の販売設備等を拡大展開していく場合に多く利用される手法が転リースになります。住宅をすでに人に貸出をしている場合などでも利用することができる方法です。しかし、前述をしましたが一般的には禁止されていますので、不動産業者やリース会社と交渉をして承諾を得ることが必要になります。

勝手におこなってしまうと契約違反として、何等かのペナルティーをかけられる可能性がありますので、注意をしましょう。

まとめ

リースバック契約とは、住宅の所有権を専門のリース業者や不動産業者へ売却をします。売却と同時にリース契約を結び、専門のリース業者や不動産業者から借りて、所有権を売却した住宅に住み続けるという方法です。リース価格については住宅の売却代金を10%年間で支払うというものです。保証金制度などの制度を持った企業があり、一括で売却金額を受け取らず、業者に一部預けておくと、その分リース料金を安くしてくれるというところもあります。そして、転リースですが、住宅の所有権を専門のリース業者や不動産会社へ売却して、リース契約を結んだうえで、第三者に住宅を貸すというものです。転貸しや又貸しなんて呼ばれる状態になり、専門のリース業者yや不動産会社は禁止していますが、交渉をすることで転リースを認めてくれるケースがあります。転リースは本来、親会社から子会社へ機械設備の導入の補助のために利用される手段となります。勝手に転リースをしてしまうと、契約違反としてなんらかのペナルティーを受ける可能性がありますので注意しましょう。

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です