不動産リースバックの契約について

家の所有権を売っても今までどおり自宅で過ごすことができる、不動産リースバックの契約とは、具体的にはどのようになるのでしょうか。今回は不動産リースバックの契約について紹介をしていきます。

不動産リースバックとは?

不動産リースバックとは、現在所有している住宅を業者へ売却し、売却と同時にリース契約を結びます。売却をした元所有者はリース契約のもと、毎月家賃を業者へ支払いながら、今までどおりに自宅に住むことができます。ただし、所有権は持っていません。

契約内容によっては、後々、たとえば子供が大きくなったときに子供が所有権を買い戻すという買戻し条項を入れているケースもあります。不動産リースバックをする前までは、住宅ローンに加え、毎年固定資産税などの住宅にかかる税金が発生するわけですが、不動産リースバックを利用すれば、賃貸住宅に住んでいるのと同じ状態になり、支払うのは毎月の家賃だけになります。もちろん、固定資産税などの住宅にかかる税金は発生しません。任意売却をして住宅を売らなければ、住宅をローンが原因で破産をしてしまうような場合にもメリットはあります。さらに老後の遺産相続で揉めないように不動産リースバックを利用したり、生活資金を得るために不動産リースバックを利用したりと、現在は多様な利用のされかたがあります。ご近所さんからも不動産リースバックを利用していることはわかりませんので、今まで通りにご近所付き合いができ、悪い噂も立たなくて済みます。

不動産リースバックの契約について

不動産リースバックの契約についてですが、原則として、いつまで売却する住宅に住むかという住宅に住む期間を取り決めます。賃貸住宅でも何年間借りるという契約を結ぶのと同じです。そして、いつまで住むのかという期間を決めたのち、住宅の所有権を業者へ売却します。この時に売却代金を受け取ります。任意売却の手段として不動産リースバックを利用した場合、売却代金はすべて住宅ローンの返済に充てられます。住宅ローンを完済しているときのみ、現金が手元に戻ってきます。所有権を業者へ売却したと同時に住宅のリース契約を結ぶので、元所有者は今までどおりに住宅に住むことができます。契約によって、将来的に住宅を買い戻すということも可能です。

まとめ

不動産リースバックの契約とは、いつまでその住宅に住むのかという期間を一応決めておきます。そして、契約にしたがい、住宅の所有権を業者などに売却をして、売却料金を手に入れます。所有権の売却と同時に住宅のリース契約を結びます。リース契約を結ぶことで住宅に今までどおり住むことができますが、所有権を売却した業者へ賃貸料金を支払います。

つまり、不動産リースバックの契約とは、自宅の所有権を売却して、自宅を賃貸住宅のようにして住むという契約になります。

契約内容によっては将来的に買い戻すことも可能です。そのため、住宅ローンの返済に困った場合に利用する1つの手段であるともいえます。

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です