不動産リースバックのメリットは?

不動産リースバックは所有権を業者などへ売却し、売却と同時にリース契約を結ぶものです。所有権を譲渡しても現在住んでいる家に住み続けることができます。近年では地名が高くなってきましたが、今回は不動産リースバックのメリットを紹介します。

不動産リースバックについて

不動産リースバックとは、自宅を業者などの第三者へ販売して、販売と同時に業者とリース契約を結びます。つまり、元自宅を業者から借りて借家とするわけです。そのため、不動産リースバック契約を結ぶことで自宅を第三者に譲渡して、そのまま住み続けることが可能なのです。所有者が変わるだけであり、住んでいる人は変わらないのです。

また、契約によってはお金が貯まることで自宅を売却した相手から買い直すことで、再び所有権を自分のものにすることも可能です。たとえば、現在は住宅ローンの返済が厳しいが、完済してお金が貯まったら所有権を買い戻すみたいな感じです。

不動産リースバックのメリットは?

不動産リースバックのメリットは、下記の3点です。

  1. ご近所付き合いはそのまま
  2. 毎月の支払額を抑えることができる
  3. 買戻しができる

ご近所付き合いはそのまま

住宅ローンを支払うことができない場合、自宅を手放し、売却資金で住宅ローンを返済する任意売却という方法があります。任意売却を利用した場合、自宅に住むことができなくなりますので、引っ越しをしなければなりません。

つまり、ご近所付き合いもなくなってしまいます。子供がいる場合、学校区を変えなければならないかもしれません。そうなると子供は転校をしなければなりません。しかし、不動産リースバックで売るのは自宅の所有権だけであり、リース契約を結べばそのまま住み続けることができます。そのため、ご近所付き合いや子供の転校も必要ありません。

近所にばれない

不動産リースバックを利用していることが、ご近所さんにばれるということはありません。引っ越す必要もなく、いままでどおり普通に生活をしているのですから、不動産リースバックをしているかしら!?と気が付く勘の鋭い人はまずいません。

周囲の視線などが気になるという人であっても、不動産リースバックは安心して利用することができるでしょう。

毎月の支払額を抑えることができる

所有権を持った自宅の場合、住宅ローンの返済+固定資産税なども発生するので、資金繰りが大変です。しかし、不動産リースバックを利用することで支払うのは家賃のみになります。業者との交渉により家賃の支払い額を低くすることも可能であり、生活が楽になるでしょう。

もちろんですが、所有権を持っていない借家になりますので、固定資産税の支払い義務もありません。その分も支払などが楽になるでしょう。

買戻しができる

不動産リースバックのメリットの1つは、買戻し、つまり、所有権を再度自分のものにすることができます。あらかじめ買戻しの契約を結んでおくことで、たとえば子供が独立して、子供へ支払う教育費がなくなる、または、収入アップにより買戻しをするといこともできます。

また、老後の生活費を用意するために不動産リースバックをおこない、自分が死んだら子供が買戻す契約なんてものも結べます。

まとめ

不動産リースバックの契約のメリットは、下記の3点です。

  1. ご近所付き合いはそのまま
  2. 毎月の支払額を抑えることができる
  3. 買戻しができる

特に、毎月の支払額を抑えることができるという点は大きいのではないのでしょうか。住宅ローンのせいで自宅を任意売却で手放す人が多いなか、任意売却をしても自宅に住み続けることができるのです。引っ越しなど生活環境が変わることもなく、支払い額も抑えられる、これは非常に大きなメリットといえます。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA