不動産リースバックの実例と評判

不動産リースバックは最近登場した新しいビジネススタイルです。今回は、そんな不動産リースバックを利用した方の実例を挙げて評判を紹介していきます。

不動産リースバックを利用した方の実例

住宅ローンとクレジットカードの返済があるにも関わらず失業をしてしまい、これら支払が困難となってしまいました。そのため、任意売却を検討し一刻も早く現金がほしかったのですが、4,000万円の査定額では中々買手がつかず、不動産リースバックを選択しました。A社の査定額は3,000万円と最初の査定額よりも1,000万円の値引きをされてしまいます。とはいえ、任意売却をすることができないのであれば、競売になってしまい、競売になったらさらに安い価格で自宅が売却されてしまうので、3,000万円で手を打ちました。逆にいえば1,000万円の値下げだけで済んだと考えることができるでしょう。

しかも、引っ越し費用をはじめとしたちょっとした費用は、売却代金から控除することができるうえ、住み慣れた自宅に住み続けることができるのですから悪い話ではないようです。

金銭的な利点

支払が負担にならないシステム

不動産リースバックには、支払が負担にならないシステムがあるそうです。リース料はリース契約を結んでいる以上は支払い続けなければなりませんが、その費用は買い取り代金の10%となります。しかし、この方は、買い取り代金を分割にして支払ってもらうことで、毎月のリース料金の負担を軽減させるという方法を選択しました。通常は、現金一括払いなのですが、交渉により可能です。

つまり、3,000万円を一括で支払ってもらうのではなく2,000万円を保証金としてA社に預け、1,000万円だけを先に受け取りました。そうすると、リース料は1,000万円を基準に算出され、月額8万5,000円程度のリース料になります。

もちろんですが、預けている2,000万円も分割で受け取ることが可能であり、これはA社との相談にて決めるそうです。また、賃貸物件に住んでいることになりますので、毎年支払っていた固定資産税15万円の支払いをする必要がなくなります。これらのことから、今までよりも安く自宅に住み続けることが可能です。

敷金・礼金・共益費なし

不動産リースバックをした場合、敷金・礼金・共益費がかかりません。また、リース契約は3年ごとに更新をしますが、その際にかかる更新料というのも不要だそうです。

そのため、住宅に関してのお金の流れというのが極めてスムーズになりますので、利用して損はなかったみたいです。

まとめ

不動産リースバックを住宅ローンとクレジットカードなどの返済に困り利用した方の実例を挙げて紹介をしました。実際に利用した方の感想としては、現金がすぐに手元に入り、売却金額10%がリース料金としてかかるも、保証金として業者に預けていれば、実際に手元へ渡った額の10%がリース料金になり、お得に利用することができました。そして、年間15万円ほど発生していた固定資産税も支払う必要もなくなり、リース契約の更新料もかからず、敷金、礼金、共益費も必要ないので、家にかかわるお金の流れの透明化につながったというものです。

すぐにお金が必要な方も、シニア世代で近々にお金が必要というわけでもない方も幅広く利用することができる不動産リースバックは、おおむね好評であることがわかります。
不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA