不動産リースバックを利用して得た資金の使い道

不動産リースバックを利用して調達した資金はどのような使い道があるのでしょうか。今回は不動産リースバックを利用した際に支払われる資金の使い道について紹介をします。

不動産リースバックとは?

不動産リースバックとは、自宅の所有権を不動産業者や投資家へ売却をします。所有権を売却すると同時に、自宅のリース契約を結びます。そのため、リース料金を支払いながら、所有権を売却した住宅に住み続けることが可能です。そのため、抵当権が付いている自宅については不動産リースバックを利用するのは難しいと思われます。

不動産リースバックを利用して、住宅ローンを全額返済することができるのであれば、不動産リースバックを利用することができます。しかし、不動産リースバックを利用しても住宅ローンを完済することができないのであれば、抵当権を持っている債権者から不動産リースバックの利用には確実に待ったがかかります。

なぜなら、不動産業者や投資家へ不動産リースバックを利用して自宅の所有権を売却するよりも、一般の不動産購入希望者へ不動産を売却した方が高く売却できる可能性が高くなるからです。そのため、原則としてアンダーローン状態(住宅ローン<住宅の売却益)でなければ、不動産リースバックを利用することはできません。

調達した資金の使い道についての指定はあるのか?

調達した資金の使い道については、指定をしている不動産業者はありません。そのため、日常生活費をはじめとして、会社の事業資金、遺産相続用の資金にあてることなど、不動産リースバックを利用者の好きな使い道をして問題ありません。

そもそも、自宅の所有権を売却して得る金銭になりますので、使い道が限定されるということはありません。ただし、前述した住宅ローンが残っている場合は話が別で、所有権を売却して得た金銭はすべて借金の返済に充てることを前提としています。住宅ローンの返済が完了して、残った分の使い道については自由にしていいのですが、住宅ローンが残っている場合は優先して住宅ローンの返済にあてなければなりません。このように、原則として不動産リースバックを利用して得た資金はどのような方法で使用しても構わないのですが、住宅ローンが残っている場合は優先して住宅ローンの返済に回さなければなりません。

まとめ

不動産リースバックは自宅の所有権を売却すると同時に、リース契約を結び、自宅にリース料金を支払い住み続けるという方法です。ご近所さんからは不動産リースバックを利用しているということはまずわかりません。不動産リースバックを利用して得たお金に関しては全額、使用用途は一切限られていません。全額、好きに使用することができます。お金を借りるわけではなく、自宅を売却して得るお金になりますので、使用用途が限定されることはまずありません。ただし、住宅ローンが残っている場合には住宅ローンを得た賃金から優先的に返済をしなければなりません。住宅ローンを完済したら残っている分を好きに使用してもいいのです。

不動産リースバックランキングはこちら
不動産リースバック

不動産リースバック無料相談・無料査定。ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です